在日コリアン人権協会 The Human Rights Association for Koreans in Japan.

『liber〜リベール〜』
110号 9月号(8月25日発行)

収録内容

◎特集「問われる在日の教育権
    在日コリアンの公立中学生が退学させられた」

尹敏栄(ユン・ミニョン)さん 当事者の母
  論 評「違法な公権力の行使である」 梁英哲・なんば国際法律事務所弁護士
  論 評「いやなら辞めろ、という思想」 在日コリアン人権協会 副会長 徐正禹
  コラム「教育を受ける権利」

◎在日コリアンの主張
 池内氏の浅薄な「多文化主義批判」を徹底批判する
 〜「差別と貧困を是正する政策」はテロの温床となりうるか〜

筆者:
  在日コリアン人権協会 副会長 徐正禹

特別コラム/サンホ韓国留学記(その2)
 「オソオイソー 釜山港だぜ!」

筆者:
  在日コリアン人権協会 会長 李相鎬

◎liber / BOOK
 『マイノリティ・レポートー「在日」だから見える?』

  (玄善允著・同時代社・1260円)

◎liberエッセイ
 「ニホンの夏を駆け抜けた三人との出会い」

筆者:
  石冢雄人氏(作家)

◎在日コリアンの生きてきた道 VOL.23
 「家族で豚飼いの仕事に励みました」

筆者:
  大原末子さん(80歳)

◎オンドルパン通信
 「ハルモニたちのリクエストに応えて少人数の手づくり旅行は楽しかったですよ!」

  八尾市在日コリアン高齢者福祉をすすめる会