在日コリアン人権協会 The Human Rights Association for Koreans in Japan.

『liber〜リベール〜』
123号10月号(2006年9月25日発行)

収録内容

◎特集 「徐文平さんが企業の支援を受け、「差別的発言」を提訴
     〜日本社会に大きな影響を巻き起こす!!〜


 勤務中に顧客から差別発言を浴びせられた積水ハウス株式会社勤務の徐文平さんが、7月31日、顧客の男性を相手取り、慰謝料300万円と謝罪広告を求める訴えを大阪地裁に起こした。この裁判では勤務する企業の支援を受けるという前例のないもので、マスコミ等で広く報道され、注目を集めている。
 事件の概要(訴状の一部)、被告発言の差別性について、そして徐文平さんの思いについて紹介したい。(編集部)

 ◆差別事件の概要について
  <被告発言の差別性について>
 ◆心のこもった支援をいただきました 筆者:徐文平
  勇気づけられた1通の手紙
  みなさんに感謝したい

「徐文平裁判」コメント 筆者:在日コリアン人権協会副会長 徐正禹

特別コラム/サンホ韓国留学記あらため、
福岡・プサン往来記「玄海 ワッタ ガッタ!」(その1、通産11)

筆者:
  在日コリアン人権協会 会長 李相鎬
  ◎「玄海」を“ワッタ ガッタ!”して思うこと
  ◎アボジ(父)のDNA

◎写真は語る 在日コリアンの生きてきた道 VOL.25
 親から受けた仕打ちが悔しかった

筆者:
  林文子さん(77歳)

◎liberエッセイ
 「在日コリアンと情報化社会」

筆者:
  岡澤 晃次(ウェブデザイナー)

◎オンドルパン通信
「お祭り気分で、夏を乗り切ろう!
 『コリアカーニバル』に参加しました!」

  八尾市在日コリアン高齢者福祉をすすめる会