在日コリアン人権協会 The Human Rights Association for Koreans in Japan.

主な取り組み

民族差別撤廃運動

日本社会には今なお、さまざまな形態の民族差別が存在します。就職や入居時における差別から、身元調査やインターネットの差別掲示板など、民族差別の実態は巧妙化しつつあります。在日コリアン人権協会は、それら民族差別撤廃のための制度、政策を提案し、日本社会に積極的に参画しています。

月刊誌『liber〜リベール〜』発行

リベールニュース
特定の政治・思想に依拠することのない、ありとあらゆる在日コリアンの人権問題について提案していこうという方針で制作されたニュース誌です。

その他刊行物

■「すみたいねんこの街に〜入居おことわり〜」 定価1,800円
民族差別撤廃運動の取り組みがわかる「在日コリアン人権協会のブックレットシリーズ」
◆NO.1「在日コリアン高齢者を差別する年金定期預金」 定価315円
◆NO.2「在日コリアン高齢者福祉のあり方」 定価315円
◆NO.3「行政が身元を暴いてどうするの〜住民票(写し)の『帰化』記載をめぐって」定価315円
◆NO.4「あなたの日本人度チェック〜企業の差別事件から日本社会の排外・同化を問う」定価525円
◆NO.5「在日コリアンビジネスの活性化をめざして〜ベンチャー・ビジネスの原点から」定価1050円