吉田 勝次(よしだ・かつつぐ)

1943年生まれ
大阪大学文学部国史学科,ロシア科学アカデミー東洋学研究所大学院卒
歴史学博士(ロシア政府最高審査委員会)
元兵庫県立大学環境人間学部教授(2008年3月退官)
    【専攻】
  • 国際社会開発論・国際政治
    【主な著書】
  • 『現代日本の貧富の差』 にんげん社,1985年
  • 『台湾民主進歩党』 社会評論者,1990年
  • 『海図なき航海』 田畑書店(編者),1991年
  • 『台湾市民社会の挑戦』 大阪経済法科大学出版部,1996年
  • 『アジアの経済と社会』 明石書店(共著),1998年
  • 『アジアの開発独裁と民主主義』 日本評論者,2000年
  • 『アジアの民主主義と人間開発』 日本評論者,2003年 ほか