参加者からの意見
■運動の生々しい話を公開の場で議論することが大事

白川善純氏
「そのことに対するセクショナリズムという問題は、在日コリアン人権協会が、ある意味では孤立的になっていく根源でもあるかと思いますので、やはりそこは事業と運動との分離の話がありましたが、今回この文書を徐さんが提案されたことは画期的な事だと思います。ただし本当は分離したら駄目なんですけど。そういう全体としての議論を広げていくために理論的な論争の場を提供していくという意味では、実際の現実的な生々しい話を、ある意味ではヘゲモニー争いであったり、運動の主導権争いであったり、相対的に独立させてそれをやっていくことが、皆の議論を巻き込んで、その中で広げるということです。例えば在日コリアン人権協会の交流会に参加すれば、一つの色に染められるのではないかという面から狭められているという問題もありますので、インターネット等を使って公開で論議をしていくなどが積極的な事なのではないかと思います。」 

← ■国籍取得が戦争に導入される道となることが問題の根幹<目次>
■『在日にとっての不利益は差別だ』という観点で運動を統一する →