*青色下線の文字列は、クリックすることにより目的のページにジャンプします。

修士論文「在日コリアン人権運動の理論構築について」

【目次】

  • はじめに
  • 第1章 在日コリアン人権運動停滞の基本的要因
    1. 1.1 国籍取得特例法案と運動の停滞
    2. 1.2 新たな同化論「多文化共生論」と運動の停滞
  • 第2章 私の生い立ちと民族差別撤廃運動
    1. 2.1 両親のこと
    2. 2.2 差別の洗礼
    3. 2.3 歪んだ民族観の形成
    4. 2.4 反差別への目覚め
    5. 2.5 部落解放運動との出会い
    6. 2.6 子ども会活動から民族差別撤廃運動へ
    7. 2.7 国籍条項撤廃と差別是正措置の実践
    8. 2.8 民闘連運動への参加と運動の拡大
    9. 2.9 部落解放同盟による組織介入とかく乱
  • 第3章 祖国志向論から在日志向論へ―民族差別撤廃運動の誕生―
    1. 3.1 抑制された民族差別撤廃運動
    2. 3.2 仕組まれた祖国志向
    3. 3.3 祖国に従属した既成組織の権益運動の実相
    4. 3.4 祖国志向論の試みとしての北朝鮮帰国運動
    5. 3.5 日韓法的地位協定への失望
    6. 3.6 民闘連運動の結成とその意義
    7. 3.7 2国間外交から国際的枠組みへ
  • 第4章 在日コリアン人権運動の停滞要因
    1. 4.1 参政権運動と日本国籍
    2. 4.2 日本国籍取得論の経緯
    3. 4.3 日本国籍と運動の未来
    4. 4.4 国籍取得特例法案反対論の検証
    5. 4.5 日本国籍取得論議の基準
    6. 4.6 在日朝鮮人が日本国籍を取得する意義
  • 第5章 多元化民主主義か多文化共生か
    1. 5.1 問題意識
    2. 5.2 多文化共生論の登場
    3. 5.3 他のマイノリティにも浸透する共生
    4. 5.4 多文化共生の背景と本質
  • 第6章 具体的課題
    1. 6.1 運動体の財政確保―企業からの資金提供について―
    2. 6.2 専従者の給与及び待遇について
    3. 6.3 マイノリティ運動の横の連携の可能性
  • 結論
  • 参考文献

  • <ご案内文に戻る><ご案内文の目次へ>