準備書面7

提供:裁判コンテンツ
移動: 案内, 検索
2006年1月18日

2004年2月17日における被告北口の不法行為を構成する発言内容は次のとおりである。

被告北口が,柏木宏及び被告大成建設の村瀬泰朗に対して,原告が人権問題を起こした企業を脅し,法外な値段で資料を売りつけたり,実体のないコンサルタントの名目で資金を受け取っているうえ,こうして得た資金を個人的に着服している,また在日コリアン人権協会の調査を行ったところ,同会について「エセ同和」的な行為が目に余ると判断したとの発言。
個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツールボックス