準備書面(4)

提供:裁判コンテンツ
移動: 案内, 検索
2006年(平成18年)1月27日

(原告の準備書面7記載事実に対する被告北口の認否)

2004年2月17日における事実に関する被告北口の主張は、同被告準備書面(3)記載のとおりであるが、原告の準備書面7記載事実に対する被告北口の認否は以下のとおりである。
同書面の、「原告が人権問題を起こした企業を脅し、法外な値段で資料を売りつけた」との記載部分の内、「脅し」「法外な」との表現は用いていない。また、「こうして得た資金を個人的に着服している」との発言はしていない。その余の事実は概ね記載のとおりである。
以上
個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツールボックス